膣の緩みは縮小手術でスッキリ解消!|どんな緩みもきちんと改善

手術の流れ

お尻

膣の緩みで悩んでいるなら、縮小手術を受けることをおすすめします。膣縮小手術とは、膣の筋肉を引き締めることで、緩みを改善してくれる手術です。膣の筋肉は年齢を重ねると共に機能が低下しやすく、締まりが悪くなってしまいます。出産などを経験すると余計に緩みやすくなってしまうので、縮小手術で綺麗に引き締めるといいでしょう。縮小手術の流れとしては、最初に緩んだ筋肉の引き締めを行ないます。膣の入り口部分だけでなく、奥の方までしっかり引き締めることができるので、きちんと緩みを改善することができます。場合によっては、たるんで余った皮膚を切除して緩みを改善することもあります。人それぞれに合った方法で手術を行なってくれるので、どんなにひどく緩んでしまった筋肉でもしっかり引き締めることができるでしょう。

筋肉の引き締めが完了したら、次はヒダの形成を行ないます。ヒダというのは、膣の入り口から奥の方まである粘膜の盛り上がりのようなものです。このヒダがきちんと存在することで、パートナーとの性生活が満足いくものとなるのです。ヒダの形成が無事成功したら、手術完了です。術後は、筋肉が固定するまでしばらく縫い合わせたままですが、だいたい1〜2週間くらいすると抜糸することができます。その後は普通に生活できるので、安心して手術を受けるといいでしょう。また、万が一何かトラブルが発生した場合でも、しっかりケアを行なってくれます。膣の緩みにお悩みなら、ぜひ縮小手術を受けてみることをおすすめします。